日本経済新聞 電子版からの引用
https://sumai.nikkei.co.jp/news/money/detail/MMSUn4000009072014/

 埼玉りそな銀行は8日、新しい融資商品「ゆとりのセカンドライフローン(自宅活用型)」の取り扱いを始めた。自宅を貸し出す際の賃料収入を担保に、老後のまとまった資金を融資する。子供と同居を始めたり、高齢者施設に入居したりする高齢顧客に対し、自宅を売却せずに生活資金や一時金に充てられる利点をアピールする。

 

 一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(東京・千代田)の「マイホーム借上げ制度」を利用する賃貸物件が対象。同制度は一般住宅を賃貸市場に流通させることで、既存住宅の有効活用を図っている。