日経新聞社
https://sumai.nikkei.co.jp/news/house/detail/MMSUn2000020102014/

 三井ホームはオーダーメード住宅事業を強化する。土地の広さや形に応じて選べる建物形状のパターンを従来より4割多い200通りに増やした新商品の販売を始めた。狭い住宅地にも対応できる狭い間口のタイプも用意する。金額の見積もりにかかる時間も短縮した。住宅にこだわりを持つ30~40代の家族層を対象に、年間1200棟の販売を目指す。

 新商品は「セレクトオーダー200」。狭い住宅地にも対応できる間口約3.6メートルで延べ床面積約73平方メートルのタイプを投入。窓の位置なども自由に選べるという。