住宅産業新聞社 投稿日:2014年5月12日
url:https://www.housenews.jp/?p=7859
記事の分類: 調査・統計

国土交通省は4月23日、2013年度の「マンション総合調査結果」を公表した。

そ れによると、現在居住しているマンションに永住する考えの人の割合が52・4%となり、調査開始以来最も高かった。永住志向は高まる傾向にあ る。世帯主の年齢は60歳以上の占める割合が増加しており、99年度には39・4%だったが13年度には50・1%と半分以上を占めた。

一方、50歳代以下の割合が減少しており、マンション居住者の高齢化が進んでいる。

2014年5月1日付け5面から記事の一部を抜粋