お財布に優しい

1.家の外壁の普及率、約80%以上が防火サイディングの理由

住宅を提供する工務店の経営者として、建物の性能に対する一番の目標は35年という長い住宅ローンを組むうえで、月々の返済が、当然ですがかかってきます。

その間、建物に対する内外装のメンテ費用が限りなくかからない。それが長年の目標でした。そして、それらを可能にしたのが、現在の高耐久ガルバリウム鋼板を使ったオリジナル外壁材、「耐摩ガルバ」です。

1-1.防火サイディングのメリット

住宅は人生の中でも1番高い買い物、当然それらにかかる維持費もかかります。

特に建物の中で外壁や屋根の部分は、雨風にさらされ紫外線を浴び続けます。

現在の住宅では外壁素材のほとんどは、防火サイディングになり、普及率が8割?9割になります。

防火サイディングのメリットは、施工が比較的に簡単でトータルで価格を抑えて施行することができます。

1-2.防火サイディングのデメリット

ただし防火サイディングの場合は、通常の塗膜の外壁部分は10年から15年に一度、塗装をしなければなりません。

放っておくと塗膜が侵食され面材に雨水等が入り込み面材強度が弱まり剥がれ落ちてきます。そこへ外気温が氷点下になる様な地域では、凍害などの影響で10年位で剥離してくることもあります。

そのため定期的な塗装工事が必要になります。

また外壁材のジョイント部分や窓廻りにはシリコンで水仕舞いを施しています。このシリコンも5年程度しか耐久性がありません。

大半のお客様が35年の住宅ローンを組まれることになりますが、月々の返済とは別に建物の維持経費がかかってきます。サイディングの外壁材の塗装には1回につき100万円以上の費用がかかります。

そうなれば、住宅ローンの返済とは別に毎月6,000円から1万円の貯金をしなければなりません。その他消耗品の電気製品などもあります。当然、機械類かは壊われるので、都度、買い替えなければなりません。

2.弊社の外壁材「耐摩ガルバ」と他社のガルバリウム鋼板と違い

弊社の外壁材「耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)」は他社のガルバリウム鋼板と違い、鋼板の上にアルミ箔を溶融めっきを施しさらにその上から塗料にガラス繊維を練り込んだ塗料をさらに溶融めっきされています。(通常のガルバリウム鋼板はアルミ箔を溶融めっきされていてその上から通常の焼付塗装がなされています。車の塗装と同じようなものです。)

ガラス成分は放置されている車などでも車体が錆びていてもフロントガラスやリアガラスなどは紫外線や雨風に当たっても腐食せず。何十年、何百年、もその形を保ち続けます。

2-1.「耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)」と標準化に成功した理由とは?

「耐摩ガルバ」は耐摩カラー鋼板を標準仕様とし、鋼板の形成会社と業務提携し特別に弊社オリジナルの外壁のデザインとして作成してもらっています。

ただガルバリウム鋼板は、防火サイディングと比べ材料費が高く部材も多くなります。

普通に施工すれば、費用が上がってしまいお客様に高く商品を売らなければならなくなります。

今回の「耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)」は素材を厳選したかったことと、コストダウンをしなければならかったため材料と施工を分けて開発を進めました。

そしてようやく「耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)」を標準しようとすることができたのです。

2-2.耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)施工と材料を別けるとコストダウン?

材料と施工を分けると安くできる理由。簡単に説明すると例えば、車のタイヤをインターネットで仕入れて、近くの車屋さんに持っていけばタイヤ交換してくれますが、車屋さんはタイヤ交換の工賃しかお客様からもらえません。

車屋さんは当然タイヤにも利益を乗せているので儲けが少なくなります。

一方お客様のほうはタイヤをインターネットで安く手に入れてるので総額的にタイヤを安く手に入れることができるのです。

このようなことをお客様の代わりに我々がやっているのです。

このやり方は多少の苦労が生じます。インターネットでわざわざ仕入れ、そのタイヤをはめてくれる車屋さんを探し、わざわざ車屋さんまでタイヤを持っていかなければなりません。

住宅は資材と材料のが何百と言うパーツもの集まりなのでこれをやるのとやらないのとでは価格差が何百万円にもなります。

これらの業務フローを作るのは非常に大変ですが、お客様に安くて良いものを提供するためにはこれらの苦労を惜しまずやり続けなければなりません。

当然施行していただく協力業者さんは儲けは少なくなりますが、仕事を切らさないで提供することによって安く施工をしていいただいています。

まとめ

残念ながら「耐摩ガルバ(ガルバリウム鋼板)」外壁は自分の自宅には開発が間に合わず採用することはできませんでした。住宅を建ててからお子さんが成長し、塾や小中高大学、スマホや車、趣味や遊び様々なことに費用がかかります。住宅は立てることより建てからの方が大変なのです。