最近の住宅は、高断熱・高気密化、洋風化に伴い、様々な新建材の利用が進んでいます。
これらは省エネルギーの観点、住まい手ニーズの変化、建築コスト削減などの背景によるものです。
しかし新築住宅の入居時やリフォーム後に、新建材等からの様々な化学物質により、頭痛や目がチカチカして涙が出るなどの症状をひき起こす、「シックハウス症候群」の問題がクローズアップされています。

特に、ホルムアルデヒドを多く含む接着剤が用いられている製品が問題です。
ホルムアルデヒドは接着剤が乾く過程で室内中に放散され、それが一定量を上回ると人体に悪影響を及ぼし、発ガン性のあることも指摘されています。

このような室内環境汚染の治療に向けた名医として、木が注目されています。
更に近年では木材の特性を活かした内装材や、化学物質の発生が極めて微量な合板等木質材料も開発されています。
このため、住む人自らがこれらに問題意識を持ち、建て替えやリフォームの際には健康に適切な材料として、木材など自然素材製品を多用することが住環境改善の大きな原動力になると思われます。(図1)

夏季24時間の血中濃度の測定事例             (図1)