滋賀県の工務店・子育て世代・自然素材の健康住宅が評判です。住みやすい家を建てるなら当社にご相談ください。
メニュー
  • HOME »
  • メニュー »
  • 安い理由

安い理由

目次(安い理由)

  1. 本当はすごい!あなたの知らない、住宅展示場の裏話

  2. 弊社が行う、安さを追求した建売モデルハウスの仕組みとは

  3. 弊社が行う人員削減と作業効率UPのための5つの戦略とは

  4. 弊社が行う建物の合理化に伴う安さを引出す7つの秘密とは

  5. 安さの秘密とデメリットとの関係

  6. 合理化を追求した経営者が、住宅購入について思うこと

本当はすごい!あなたの知らない、住宅展示場の裏話

皆さんは、住宅を購入しようと一度は 住宅展示場にいってみようかなと 考えられる方は少なくないと思います。
でも、そんな住宅展示場。

出店しようとすると、どのくらいの出展費用や年間に掛かる費用がどのくらい掛かるかご存知でしょうか

住宅展示場の裏話

 

弊社は以前、ある東京の大手メーカーのフランチャイズに加盟していました。
その時に知ったのですが、維持費はなんと年間1億円~1億2000万円もかかります。
住宅展示場契約期間は5年です。
そして、住宅展示場に建っている建物は 一棟約5000万円近くかかります。
出展しただけで終わりではなく、女性スタッフや営業マンを数名配置して販促活動を進めていくことになります。

また、モデルハウスと人件費 、諸経費などを含めると年間で20棟分の粗利益が必要で、モデルハウス1棟につき
1億~1億2000万円が損益分岐点になります。

出店料は、一ヶ月:150万円。バブルのときは250万円くらいでした。
そして、モデルハウスに配置するスタッフ5人~8人の人件費、光熱費、各種保険、広告費、ガソリン代、
社用車の購入費、維持、通信費、OA機器、これらの経費がすべてまわりまわってお客様の負担になるわけです。
*FC本部と既に出展している加盟店の社長から聞いた内容なので確かな情報です。

他の会社では普通に掛かっているこれらの費用。
弊社では、社内と建物で総合的に合理化を進め少しでも良い物をリーズナブルに提供しようと取り組んでいます。

弊社が行う、安さを追求した建売モデルハウスの仕組みとは

弊社は当然、住宅展示場に出店するようなことはしません。
弊社の場合は、建売モデルハウスという形式をとり、半年から一年間最新の商品を市販されている土地に建て、モデルハウスとして利用したあと売却してしまいます。
この建売モデルハウス通常の商品よりも安く提供させていただきます。
安くしているのは、モデルハウスとして利用させてもらったからです。

モデルハウスの仕組みとは
住宅展示場のように5000万円かけて5年後に解体してしまうようなことはしません。
建売モデルハウスで、場所を変えながら最新モデルを開発していきます。
建売モデルハウスには、太陽光パネルを載せているので売電収入があり、電気代の経費どころかお金があまってきます。

弊社が行う人員削減と作業効率UPのための5つの戦略とは

1.設計担当者の削減

通常、住宅会社には設計担当者は、どこの会社にも1名~3名くらいいるのが普通です。

大手ハウスメーカーになれば、だいたい何十、何百人といるでしょう。
弊社の場合、社長がすべての設計やデザインをおこなっています。
設計担当者の削減

今まで、何百何千とやって来たプランがありますので、その中から良いものだけを厳選し改良を加え、お客様に提案しています。

また、間取りや使い勝手に関しての情報等は、主婦である女性スタッフに意見を聞いて商品に反映させています。

住宅の商品開発には、普段から家事をしている主婦の意見を聞く事が一番です。

そのため、他社と比較した場合、設計担当者の削減が実現できています。

 

2.積算担当者の削減

一般的な住宅会社の場合は、フリープランと言って様々なプランを設計します。

そのため、お客様に提出するごとに、どのくらいの原価がかかり費用がかかるか積算する必要があります。

その金額に会社の利益を乗せて、お客様に見積もりを提出する、という流れです。

 

実際、1人の営業マンが20人~40人くらいのお客様に提案をして、契約をとれるのが平均1人ほどです。

当然、すべてのお客様にプランを提出するわけですが、20~40人分の設計担当者の費用、積算担当者の費用、
担当営業マンの費用、これらすべてが契約する1人のお客様に経費として集中
するわけです。

その他にも事務スタッフ、コーディネーター、大きい会社になれば幹部や社長の人件費などもかかってきます。

当然、建物を高く売らなければ会社は存続できません
どこの会社の営業マンでも年間に6~7棟契約が取れれば良い方です。

積算担当者の削減方法

弊社の場合は、毎回の積算をおこないません
今までに何百何千と建物を建てたデーターがあるため、建物ごとに毎回積算するようなことはしません。

いざとなれば、店長やコーディネータースタッフがおこないます。

ですから弊社には、積算担当者はおりません

 

3.コーディネーターを多能工に

弊社には女性スタッフがおりますが、業務内容が多岐にわたります。

CADオペレーター、インテリアコーディネート、業者との交渉、商品の発注、お客様との打ち合わせ、
現場案内、積算、仕様書の作成、見積作成、請求書作成、事務全般、そしてそれらのコーディネート、
これらの業務を全て
をこなします。

その他、営業のサポート、現場監督のサポートなどもおこないます。

多能工なコーディネーター

 

他の会社では、これらの業務を担当者ごとに分けてすすめています。

弊社では担当をわけず、1人1人がさまざまな業務を行う事により人件費をカットすることができます。

そのため、私たちには、多能工なコーディネーターがいるのみで経営できております。

 

4.営業マンは雇わない

営業マンを雇わない理由

 

営業は、すべて社長1人でおこなっています。

その他、外部の不動産屋の方や、お客様から紹介などを受けているので、その方たちが弊社の営業マンでしょうか?

社長といえどふんぞり返って只、管理しているだけではありません。

社員の誰より働いている自負もあります。

社長自身が多くの仕事をやっているため、お客様のもとに訪問するようなことはできません

土曜日、日曜日にお客様が集中するのでお客様自ら、ご来店いただいて接客させていただいてます。

通常は、モデルハウスの案内なども営業マンの仕事ですが、弊社の場合は女性スタッフに案内をしてもらいます。
そのため、弊社は、店長と多能工なコーディネーターとの連携プレイで営業マンは雇わない方針です。

 

5.現場監督=スーパーバイザー

 

弊社の現場監督「スーパーバイザー」は一人しかいません。

現場監督はスーパーバイザ

 

 

スーパーバイザー(現場監督とは)

業者さんの段取りから発注価格交渉現場打ち合せ大工さん打ち合わせ地鎮祭建物引渡し
引渡し後のアフターメンテまでちょっとしたことなら現場監督が手直しなどもやってしまいます。

社長自身も元々は、現場の職人だったため(リフォームが主)、常に手直しなど出来るよう道具を持ち歩いています。

その他にも業者さんとの交渉工程の管理請求書のチェック営業のサポート、ちょっとしたリフォーム
アフターの見積もりなども、現場監督が積算して見積もりの原案を作り、お客様に提出することもあります。

それが、弊社のスーパーバイザーです。

 

まとめ

弊社が行う人員削減と作業効率UPのための5つの戦略とは、

以上、5つの戦略から、合理的な人員削減と作業効率UPが実現できています。

弊社は1人の担当者が、様々な業務をこなすことができるので、徹底的な合理化を可能にしています。
そのため、不要な人件費がかからないので、経費を少なく済ませることができ、固定費が少なくすんでいます。

 

 

弊社が行う建物の合理化に伴う安さを引出す7つの秘密とは

1.建物構造の合理化
(ハイブリッド工法と火災保険の関係)

 

弊社は、零細企業ですが、先代の頃から商品開発を進め、ツーバイフォー工法木造在来工法組み合わせた

ハイブリッド工法開発し、特許取得に成功しました。

この工法は、ツーバイフォーの良いところ木造在来工法の良いところ全て取り入れ

強度コスト削減高次元で実現させています。

これにより、通常の木造住宅と比べ5%~10%のコスト削減を実現

地震に強く耐火性にも優れた商品になり、通常の住宅よりも安全な住宅になっています。

そのため火災保険も40%近く安くなりました。

保険の内容は、火災、水災、風災、落雷、物損、盗難被害、地震、と必要なもの全てをカバー

しかも、他社の火災保険のみの保険と同等の価格を実現しました。
ハイブリッド工法の開発と保険の安さの関係

 

2.+α(プラスアルファ)の空間って何?

弊社の建物は、標準で屋根裏部屋と屋根裏収納がついています。

プラスアルファの空間

これらの事を、弊社では、+α(プラスアルファ)空間と呼んでいます。

これらは、2×4の特性を活かすことで、非常に安いコストで標準化することを実現しました。

3.間取りの特許も取得(税金・建物販売価格)の削減

 

間取りの特許も取得

 

何十年もの間、過去に引き渡した住宅に、実際お住まいのお客様の意見を取り入れることにより、

理想的なレイアウトコード(間取りの設計原則)を開発。

間取りの特許を取得しました。

その他、現在も出願中の商品もあります。

弊社の商品は無駄を省き便利さと使いやすさ特化した商品です。

ある程度の居室の広さを確保しながら、+α(プラスアルファ)の部屋収納を確保し、徹底的に無駄な部分を省くことにより

建物販売価格の削減、固定資産税の削減につながっています。

 

4.材料等は直接仕入れしています

 

建築に使用する材料等は、メーカーや問屋から直接仕入れています。
直接仕入れることにより、中間マージンなどの中間コストを省き、コストの削減をおこなっています。

材料等は全て直接仕入れ

5.直接仕入れ・直接施工

いわゆる丸投げ、というようなことを弊社では一切いたしておりません

ほぼ、すべての材料を直接仕入れ、職人さんに供給。
現場の職人さんには、弊社の仕様書と指示にしたがって施工をしてもらっています。

直接運営・直接施工

これらにより、かなりのコスト削減ができています。
コストカット内容の20%ぐらいが、直接仕入れ直接施工、オリジナル部材開発に伴うものです。

 

6.オリジナル部材の開発

自社独自の部材(オリジナル部材)開発

普及品を加工してオリジナル部材としています。

もともと、普及品のものを利用しているので、品薄になることがなく、コスト削減につながります。

又、普及品を多く仕入れることで、コストダウンにつなげています。

 

7.年間の施工棟数を多くする

年間の施工棟数

 

上記の方法プラス、メーカーや仕入先に、ある程度年間の受注の約束をし、大量に仕入れることを約束します。

ある程度、商品を限定し、大量に受注する事で、リーズナブルな価格で提供していただき、販売価格に反映しています。

これらの合理化によりコストダウンをしていますが、年間に30棟以上施工していますので、

エアコンカーテン照明(LED)標準仕様にしています。

追加工事が必要ない余分な費用が掛からないそんな住宅の開発に日々取り組んでいます

 

 

 

安さの秘密とデメリットとの関係

1.訪問営業は一切いたしません。

 

訪問営業は、一切いたしません

打ち合わせ等、お客様にご来店いただく事になります。

2.豪華な展示場はありません。

 

大手ハウスメーカーさんのような、立派(豪華)なモデルハウスや、立派(豪華)な展示場はありません。

3.こだわりのある方はお断りしています。

弊社の設計原則である、レイアウトコードにしたがって設計している為、設計には制限があります。

その為、他社のフリープランような、自由設計を求められている方の、お力にはなれないかもしれません。

住まいにこだわりのある方オンリーワンの夢のある住まいお求めの方などには対応できかねます

 

 

4.高級な住宅は販売していません。

通常の住宅をより安く、小さい土地でもレイアウトコードを最大限に活用して広い家を。

上述のような、理念のもとで商品を開発しているため、高級な住宅は販売していません
(数千万・億単位の住宅は扱っていません。)

5.住宅展示場がないのでモデルハウスが遠いです。

 

住宅展示場のように事務所とモデルハウスがくっついていません。

弊社の店舗から、3~5分くらい移動して、モデルハウスを見てもらいます

モデルハウスが少し遠いので、大手ハウスメーカーさんよりも少し面倒かもしれません。

 

合理化を追求した経営者が、住宅購入について思うこと

住宅は一生の買い物です。
しかし、所詮は物であり道具と私は捕らえています
住宅を買って多額の借金をし、返済で様々なものを犠牲にしている人が多いような気がします。

本当に大切なのは家族です

そして、住宅は大切な家族が幸せに暮らしていくための物です。
大切なのは家族の生活また、住宅は買うことよりも買ってからが大変です。

そして、幸せに暮らしていくには余裕のある生活が必要です。

そのためには、当然お金が必要です。

弊社の建物は、購入するときも購入してからもお金がかからないように商品を作り上げています。

現代社会は、レジャーや外食、子供の塾、高校、大学、様々な趣味などお金がかかることが非常に多くあります。
せっかく家を建てたのに、住宅ローンの返済が多く好きなことができなくなってしまう

子供にお金をかけてあげられない

自分自身も我慢しなければならないなど…

本来、住宅は大切な家族が幸せになるために購入したはず。

住宅ローンが足かせになってしまうような商品を提供したくない」

弊社は、そんな思いで商品を作り上げています。

嘘か本当か。是非ご自身の目で、お確かめください。
あなたのご来店をお待ちしております。

 

PAGETOP
Copyright © ハウジング光正株式会社 All Rights Reserved.