森林浴をすると、森の緑が目に優しく、樹木のほのかな香りで気分を爽快にしてくれるでしょう。
これは森林から放散される成分「フィトンチッド」が、気分が安らぐ状態をつくりだすためです。
フィトンチッドは、植物がたえず侵入しようとする微生物から身を守るために作り上げたもので、抗菌性や消臭効果をもち、環境を浄化する働きがあるのです。
五感にかかわる自然由来の刺激が生態系に及ぼす影響を脳活動や自律神経活動(血圧、脈拍数等)を指標として調べた調査によりますと、例えばスギ・ヒバ材の香りや木目は人をリラックスさせる効果があることがわかっています。

住宅などにつかわれる切られた後の木にも様々な化合物が含まれ、その木特有のにおいをつくり出しています。
それらの化合物はにおいだけでなく、働きも異なります。
木の香り成分はいわゆる揮発性の成分ですが、水とは異なり長く木材中に保たれます。
かすかににおう木の香りがストレスをやわらげ、リラックスさせたり疲労回復に効果があることが、血圧やストレスホルモンなどの測定によっても明らかにされています。
特に、木の香りはダニの繁殖を抑える働きもあります。
ヒノキ、ヒバ、スギ、などには繁殖を抑えるだけでなく、殺ダニ作用もあるのです。
さらにヒノキ、ヒバ材のにおい成分は、院内感染の原因となる病原菌や、ダニやカビに対しても強い繁殖抑制作用のあることが知られています。
特に木の香りとダニの動きの実験では、ヒノキの香りを放った1日後にはダニの行動が抑制され、スギの香りは3日後に、香りの存在しない対照区に比べてダニの抑制効果がありました(図)。
現在のストレス社会において、生体をリラックスさせる木材本来の刺激を上手に取り入れることで生理的に気分を快適にするだけでなく、清潔で快適な室内空間をつくるのにも役立っているのです。

木材の揮発成分によるダニの行動抑制効果
ヒバ・ヒノキ・クスノキ材チップの揮発成分による
ダニの行動抑制効果
(Y.Hramatsu and Y.Miyazaki J.Wood Science
47(1) 13-17 2001)