東京大改造:渋谷

5月27日(火)14時00分配信

渋谷駅周辺の再開発事業において、地上46階建ての超高層複合ビルの建設工事が6月に始まる。事業者である東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄が明らかにした。

渋谷駅周辺では、駅付近と西口付近、駅の南を横切る国道246号の南側の東西と、計4エリアで再開発計画が進行している。駅付近で駅施設と一体化した再開発ビルを整備する渋谷駅地区駅街区開発計画の東棟、中央棟、西棟の3棟のうち、まずは東棟の建設に取り掛かる。

駅街区は、日建設計・東急設計コンサルタント・ジェイアール東日本建築設計事務所・メトロ開発のJV(共同企業体)が設計を担当。3棟をつなぐ建物の低 層部や広場の整備には、デザインアーキテクトとして隈研吾建築都市設計事務所とSANAA事務所を起用した。施工は東急建設と大成建設のJVが手掛ける。

ケンプラッツ からの引用

?