記事:読売新聞 参照

 

東京屈指の文教地区で、古くからの住宅地でもある文京区を舞台に、見守りが必要な独り暮らしのお年寄りの家に大学生が住み込むプロジェクトが始まった。

 独居の高齢者は今後急増し、その支援は地域社会の大きなテーマ。世代を超えた住民同士の支え合いの成果に注目が集まりそうだ。

 ◆共通の趣味

 「後楽園球場の外野スタンドから、よく野球を見たなぁ」。昨年 12月中旬、同区内の一軒家で野球好きの長谷川実さん(80)が、昔話を始めた。「僕もONを生で見たかったですねえ」と東大大学院の藤倉皓一郎さん (23)が返す。元東大野球部員で、1月中旬から長谷川さん宅に同居する。

 この取り組みは、同区の商店主らで作るNPO法人「街ing本 郷」が今年度スタートさせた「ひとつ屋根の下プロジェクト」。独居の高齢者と、区内の大学に通う学生にチラシを配るなどして希望者を募り、「週2、3日は 一緒に夕食を」「ごみを出して」などお年寄りの要望に対応でき、趣味や出身地など共通点のある学生を組み合わせる。長谷川さんと藤倉さんは「野球」が結ん だ縁。昨年暮れから今月にかけて、計3組の同居がスタートする。